読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台喫茶手帳

仙台とその周辺の喫茶店の健忘録&回顧録。カテゴリー⇒地域 @訪問時の適正人数 @駐車場 @喫茶店の入口状況(杖をついても行きやすいかの目安)心地よい場所には年を重ねてもいきたいものです。

岳山珈琲 (がくざんこーひー)

f:id:vegetableoil:20161119204807j:plain

  @1人~4・5人 @P:4~5台あり @入口に1~2段の階段

  場所:仙台市泉区福岡字岳山7-101

  いただいたもの:珈琲数種。ケーキ数種。スモーブロー。

 

泉ヶ岳に向かう途中の左手に白壁の建物がみえる。白い板に青字の文字。

木立に囲まれた中に立ち、自家焙煎の機械も備える北欧調の店内。

今まで幾度となく訪れ季節ごとの風景の違いを楽しみながら過ごした場所

スモーブローは一口ごとの味の遷り変わりを感じられて美味しくいただいた。

 

豆は新鮮で素人煎れの我が家でも珈琲を美味しくいだだけました。

たくさんの種類のコーヒーがあり飲み比べも楽しい。

珈琲好きにも自然の中で癒されたい人にもオススメ。

 

珈琲time:「生きていくって大変ねえ・・」初老の婦人の発されたお言葉。

ダブル介護。自分が倒れたら自分も含めた3人が同時に大変になる。

「生きていくことは修行」そんな一文を聞いたことがありますが、生きていくなかで何もないということはない。辛い時、苦しい時、修行だと考えやり過ごしますが、そんな時に美味しい珈琲とともに「ごゆっくりどうぞ」という言葉に出会えると少しの間でもほっとします。